つくるのではない、
つくりこむのだ。

池田工建は昭和44年の創業以来、地域密着の総合建設業として街づくりに貢献してまいりました。

一貫して私たちが大切にしているのは、ただ建物を「つくる」のではなく、「つくりこむ」という姿勢です。

「つくる」と「つくりこむ」の間には、想いの深さ、真剣さ、妥協せずに向き合う誠実さなどがあります。

お客様と何度も話し合いを重ねて、お互いに理解を深め、納得いく形に近づけていく。

この過程には、今まで築き上げてきたお客様との信頼関係が欠かせません。

お客様と一緒につくり込む姿勢こそが、私たちの持ち味であると確信しております。

 

この池田工建らしさをより一層磨き上げていくために、今後はさらに「地域密着」にこだわっていきたいと考えております。

特に、本社を構える千葉市に貢献する方法を、会社全体で考えております。

 

地域とともに歩んでいくために、会社として重視しているのは「コミュニケーション能力」です。

入社するにあたり必要なスキルは、特にございません。

ただ、仕事やアルバイト、サークルなど、とにかく目の前のことに全力で取り組み、たくさんの人と交流を持っていただければと思います。

なぜなら、この仕事をするうえで最も大切なのは、コミュニケーション能力であるからです。

明るく挨拶ができて、人に感謝の気持ちを伝えられる方であれば、どなたでもご活躍いただけます。

知識やスキルよりも、まずは社員やお客様とコミュニケーションをとることを意識していただければと思います。

国を支える建設業の礎となれるよう、一緒に街づくりに貢献していきましょう。

写真 - 池田工建株式会社 代表取締役 池田 喜美夫